デジタル機器のトラブルは業者に依頼【トラブルシュータープロ】

computer

パソコンの修理

hand

windowsなどの起動しないパソコンの修理はネットで申込みをして受けることができ、ここで修理をしてもらうと今後修理をするとアフターケアを無料で受けることができる所もあるので便利に利用をすることができます。

Read More

ビデオカメラトラブル

hand

大切な出来事を記録してあるビデオカメラですが、様々なトラブルでデータが消えてしまう場合がありますので、データ復旧サービスを利用することをおススメします。大事な記録を復旧してくれるので、人気のあるサービスです。

Read More

映像データを復元

hand

ビデオカメラに撮った思いでは一生残したりすることができますので、大切にした方がよいです。しかしデータが消えてしまうときもありますので、その時は業者にデータ復元をしてもらってください。

Read More

クリーンインストール

windowsが起動しない時はプロに頼むのが安心です。焦らずに対処する為にも確実に修理をしてくれる業者を選んでおきましょう。

バックアップと再インストールで復元

hand

パソコンが不調になった時のためにできる対策は、ファイルのバックアップをこまめにすることです。また、設定等もバックアップしたい時には、ハードディスクあるいはSSDの内容を別のハードディスクなどにまるごとバックアップしておくことです。こうしておきますと、ハードディスクの不良でデータを失っても簡単に復元できます。 もし、パソコンのOSの動きがおかしくなった時には、特に、Windowsでは、レジストリが破壊されますとハードウェアがまともでもOS自体変になりますので、レジストリのバックアップを取っておくか、それでも駄目な時には、クリーンインストールしますと、工場出荷時の状態に復元できます。 ただ、バックアップは面倒ですから、なかなかできませんが、Windowsの復元ポイントを記憶しておく機能くらいは設定しておきたいものです。

バックアップをとってなかった時には

データのバックアップしていないパソコンのハードディスクなどが不良になった時には、データの復元をする方法は、自分でデータ復旧ソフトなどを使って不良のハードディスクから取り出すか、専門の業者にハードディスクを預けて復元してもらうかの2つあります。 ハードディスクの不良にも一部のセクターが不良の場合からプラッターやモーターなどが故障しているような復元の難しいものまであります。セクター不良くらいですと個人でもパソコンからデータを取り出せますが、モーターなどが壊れている時には、ハードディスクごと専門の業者に持って行ってデータの復元をしてもらうことになります。それでもデータの全部が復元できるかは、ハードディスクの壊れ具合と業者の技術力によります。